酵素ダイエット

酵素ダイエット

沢山あるダイエット方法の中でも特に人気があるのが酵素ダイエットですが、継続できないという人も多くいらっしゃるようです。その主な原因は、酵素ドリンクを飲むことによって腹痛が起こってしまったというケースを多くみかけます。

人によっては効果テキメンすぎてお腹を下してしまうこともあります。例えば、ある人の体内には10酵素があれば足りるから健康です、ということに対し、ある人は20なければ健康状態が保てません、というように人それぞれ充分と判断できる酵素の量というものも違うようです。

健康でありつづけるためには体内で作られる酵素の生産と消費量のバランスを整える必要があるということになります。

いつかやりたいなーと考えていた酵素ダイエットを始めてみました。酵素飲料はインターネットで調べて、以前から買おう!と思ってたドリンクを買いました。白米の量を少し減らし、可能な限り毎日ウォーキングをすると同時に、朝と晩に一度ずつ飲用しています。結果の方はといえば、スタート前と比べてマイナス3.5キロという結果でした。

酵素ドリンクを使ったダイエットは男性でも実践可能だと思います。

酵素ダイエットは朝食を酵素ドリンク、野菜とか果物にすると継続しやすいです。とは言っても、それより効果があるのは、晩御飯を酵素を多く含んでいるドリンクや食べ物に置き換えることです。夕食は一日の食事の中で最もカロリーを多く摂ってしまう傾向にあるので、ダイエットがより効果的になります。しかし、続けづらいのが短所と言えます。

酵素が身体に充分な量無いと言うことになると、消化活動が活発化しなくなり消化不良を引き起こしてしまう原因となってしまいます。消化と代謝というのは、人間が健康に生活していくうえで欠かせないものですが、それは酵素の力によって成り立っています。

健康的に体重が落とせると評判の酵素ダイエット、その方法としてかなり定着しているのは、酵素ジュースの力を借りて実行するプチ断食ではないでしょうか。デトックス効果も期待できるプチ断食はお腹が空いて少々つらいと感じる人が多いのですが、適宜酵素ジュースを摂るようにすると、空腹感を抑えることが可能ですので、心身の負担を感じないでプチ断食が行なえます。

そしてこれもよく行なわれていますが、朝食を食べないでその代わりに酵素ジュースを摂るというのも短期間で結果が出やすく実行する人は多いです。それから、便利に持ち運べる酵素サプリメントを利用して効果的に酵素を摂りこむ人も多いです。酵素ダイエットを行う際に、最も効果があるのは、夜のごはんを酵素ドリンクにするという食生活を少なくとも1ヶ月やることです。理想とする体重まで減らすことができても、その瞬間に前の食事に戻してしまうのではなくて、摂るカロリーを減らした消化の良い食事にしましょう。また、酵素ダイエットを終わりにしたとしても体重を毎日計ることで、リバウンドに注意することが一番のポイントとなります。

身体のサビ止めシステムともいわれる抗酸化システムには数種類合って、メラトニンという睡眠を誘導するもの、尿酸、ビリルビン(黄疸の原因となるもの)がありますがこの他に最も優れているものとして「酵素」が挙げられます。酵素が体内に不足してしまうと病気にかかる可能性も高くなります。

酵素ダイエット」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です